埼玉総体動画配信支援センターは「彩夏到来 08 埼玉総体」の29競技の情報、会場地情報や競技の動画配信をいたします!

平成20年度全国高等学校総合体育大会 index 競技情報 応援の樹 Kizuna活動 動画配信支援センター
  Kizuna活動INDEX  
埼玉の高校生スポーツ速報

ウィンターカップ 2007

東京体育館

東京体育館
2007年12月23日(日)〜29日(土)に行われた「ウィンターカップ2007」は、高校バスケットボールの大会において、インターハイ・国体と並ぶ三冠に数えられる大会です。
今年は、男女ともに二冠を達成している高校があるので、男女ともに 三冠達成なるか…というのが、大きな注目となっていました。

山村女子バスケットボール1

2007年12月24日(祝) 山村女子VS県立湯沢北
埼玉代表 山村女子高校が2回戦から初陣です。
相手は秋田県立湯沢北高校。序盤で一気に点数を重ねた山村女子が、終始セーフティーリードを保って、81 - 53 の快勝で3回戦へ駒を進めました。
湯沢北戦1Q〜3Qのダイジェストを(翌日の桜花学園戦の試合前の様子も含めて) 動画にまとめてあります。

山村女子バスケットボール2

試合終了後にキャプテンの草間選手(中央)と2年生の所選手(画面右)に、埼玉総体へのメッセージを頂きました。ぜひ動画でご覧ください!

山村女子バスケットボール部

試合後の記念撮影も、みんな明るい笑顔でVサイン!
でも翌日は、三冠達成を目指す大本命の桜花学園が相手です。今日の調子で、思い切りぶつかっていきましょう!

このページのトップへ↑
桜花学園佐藤キャプテン

2007年12月25日(火) 山村女子VS桜花学園
優勝候補筆頭の桜花学園と山村女子が激突!
桜花学園のキャプテン佐藤選手は、埼玉県児玉中学出身です。同郷の選手たちとの対戦はどんな気持ちだったのでしょうか?

桜花対山村

190cmの長身を武器に活躍する桜花学園の1年生の渡嘉敷選手。彼女も埼玉県春日部東中学出身です。 将来の活躍が実に楽しみな選手です。
試合は地力に勝る桜花学園がじりじりと得点差を広げていきます。山村女子も最後まで必死に食い下がりましたが、さすがに王者の前に 91 - 60 で敗れました。

桜花学園インタビュー

試合終了後、桜花学園の佐藤キャプテンと渡嘉敷選手から、埼玉総体へのメッセージを頂きました。もうここまできたら、三冠達成するしかありません!埼玉県民も桜花学園を応援しましょう!
動画も見てくださいね!

桜花学園はウィンターカップを優勝し、三冠を達成しました!おめでとうございます。

このページのトップへ↑
桜花対山村試合終了
2007年12月25日(火) 能代工業 VS 新潟商業
山村女子と桜花学園が戦い終えたBコートには、いよいよ男子三冠を目指す、能代工業高校が登場です!相手は新潟商業高校。一回戦は100点ゲームにダブルスコアの快勝で勝ち上がってきたチームです。
コートを取り巻く、報道関係者の数も俄然多くなってきました。
能代工業対新潟商業01
新潟商業も必死で食い下がりますが、能代工業の堅くて高い壁に苦戦を強いられます。
序盤順調に点差を広げた能代工業でしたが、中盤では新潟商業の粘りに点差を広げることが難しくなりました。
能代工業対新潟商業02
注目選手、198cmの長身の満原選手(右)は33ポイントを上げる活躍。
2年生の高橋陽選手(左)もほぼフル出場で走るバスケットボールを実践します。
後半は徐々に点差を広げ、新潟商に付け入る隙を与えません。
結局、119 - 79 の圧勝で能代工業が順当に3回戦へと駒を進めました。
能代工業新岡マネージャーと高橋陽選手

試合終了後もすぐに、次の対戦相手が決まる試合を観戦する能代工業の選手たち。忙しい中でしたが、ハーフタイムに3年生の新岡マネージャーと、2年生ながらほぼフル出場の活躍を見せる高橋陽選手に、埼玉総体へのメッセージを頂きました。動画をご覧ください。

3冠がかかっていた能代工業ですが、残念ながら準決勝で敗れ、3位の成績でウィンターカップを終えました。

昌平高校馬場選手 2007年12月25日(火) 昌平高校 VS 盛岡市立高校
上位を期待される昌平高校でしたが、前半、盛岡市立の粘り強いプレーの前に、なかなか自分のペースに持ち込めません。 じわりじわり点差が開いていきます。
昌平は馬場選手(7)・陳選手(6)を中心に反撃です。
昌平高校渡辺選手

渡辺キャプテンはチームの攻撃の流れを作りますが、盛岡市立もなかなか点差を縮めさせてくれません。
後半に入って、必死の守備から得点につなげるシーンが続くようになって来ました。
試合の様子を動画にまとめていますのでご覧ください。

昌平高校試合終了

後半に入って追い上げムードになったのですが、ファールが多くなり、 相手にフリースローを与えてしまう展開。第4クォーターになるとまた突き放され、ゲーム終了。スコアは 94 - 78。
初戦敗退というショックに肩を落として引き上げる選手たち…。 重い空気の中、目を腫らす選手たちも…。
監督さんも、「全く昌平のバスケットボールが出せなかった」と残念そうな表情で取材に答えていました。

昌平高校集合写真

記念撮影も、満面の笑みで…というわけにはいきませんよね。この悔しさを1〜2年生は、埼玉総体へ向けてぶつけてください。3年生は、これからの目標への糧にしていけるといいなと思います。
この後、キャプテンの渡辺選手と 2年生の中居選手から埼玉総体へのメッセージを頂きました。敗れた直後だったのに協力していただいて本当にありがとうございました。ぜひ動画を見てください。

東京体育館内部
残念ながら埼玉県勢は男女ともに2007年12/25(火)に敗れてしまいましたが、熱戦はまだまだ続きます。
あえて1〜2年生に注目して、来年の埼玉総体を楽しむためのチェックをしておくのもいいかも?

28日の女子決勝では桜花学園(愛知)が優勝し女子3冠を達成しました。
29日の男子決勝では洛南高校(京都)が昨年に続いて連覇を遂げました。

 




このページのTOPに戻る↑